続・自信がない人必見!とりあえず取れる資格4選

未分類
Pocket

1.色彩検定

2.アロマテラピー検定

3.秘書技能検定

4.第二種電気工事士

今回は3.秘書技能検定から紹介していきます。

秘書技能検定

僕は2級と3級を受験しどちらも合格しました。この資格はアロマテラピーと同時期に申し込み、アロマテラピー検定後の受験でした。

秘書検定2級は、年に3回(2月、6月、11月)に全国各地で実施されるようです。色彩検定、アロマテラピー検定と比べても受験のチャンスが多く、比較的取得しやすい資格といえるでしょう。

勉強を始めて気が付いたのですが、試験範囲が3級と2級で被っています。3級と2級、2級と準1級の組み合わせであれば併願受験も可能でした。

そのため、僕は滑り止めに2級のほかに3級も受験しました。会場の様子から同じような人がけっこういたと思います。

試験自体の難易度ですが体感的に2級もそこまで高いとは思いませんでした、いきなり2級から受験する人はいるのもうなずけます。2級までであれば独学で十分合格できる難易度だと思います。

準1級になると筆記試験のほかに面接試験があるようです。面接を一人で対策するのは難しいので独学の受験は厳しいでしょう。

受験しようと思ったきっかけはアロマテラピー検定と同じ広告に掲載されていて、ちょうどアロマテラピー検定後に受験日が設定されていたからです。

主観にはなりますが僕の中で、色彩検定、アロマテラピー検定検定、秘書技能検定は最も目にする、受験しやすい3大資格のイメージがあります。(ほとんど偏見ですね)

この資格は社会人としての常識が問われるので、取得してけっこう役に立ちました。常識は自分で思っている以上に重要なファクターでした。

知っているのとできるのとでは大きな差がありますが、知っているのと知らないのとではそれ以上、天地の差があります。

僕が新卒で入った会社はだいぶその常識から外れたことが多かったですが、その事実に気が付けたのも秘書技能検定の資格があったからです。

その会社のいわゆる秘書とよばれる人は準1級もってました。

 

第二種電気工事士

実は、

 

この資格は持っていません!受かりませんでした…

 

電気工事士試験は、電気工事の作業に従事できる資格、電気工事士の試験です。

資格には、第二種電気工事士と第一種電気工事士があり、作業に従事できる範囲が異なります。

入門として第二種からの受験が一般的です。

なんと第二種電気工事士の試験には、必要となる受験資格はありません。誰でも受験することが可能です。それが僕の受験した理由でもあります。

試験日程は上期と下期の年二回、試験内容は筆記試験と実技試験です。
筆記試験合格した人のみ実技試験に進むことができます。僕は筆記試験は余裕でしたが、実技試験がどうしても苦手で2回落ちました。(筆記試験に合格すると次の1回は筆記が免除される)

第二種電気工事士の実技試験は工具と電線を使用し、工作物を作るという試験です。僕は練習キットと購入し、一ヶ月しっかり練習して臨みましたが本番で緊張しあせってしまい2回とも不合格に終わりました。

受験会場はほとんどが男性でした、なかでも多かったのは高校生です。工業高校の生徒が団体で受験しているようでした。送迎用のバスも何台か来ていました。

あとで知ったことですが、高校生的には実技の方が簡単で筆記の方に力を入れるそうです。やはり普段から工具や電線に触れている人は違いますね…

僕は取得できませんでしたが、しっかり準備すれば合格できる難易度です。しかも今回紹介した中でもっとも実用的な資格です。

第二種電気工事士は、なんと国家資格です。しかも国家資格の中では比較的難易度は高くない取得しやすい資格です。

それでいて、役に立たないということはなく、むしろ実用性の高い資格です。基本的に建物内の電気設備に関する工事は、電気工事士の資格を取得した人にしかできない仕事なのです。

つまり、電気設備を伴う建物がなくならない限り、電気工事士には一定の需要があります。とりあえず何か資格が欲しい方、是非、資格取得をオススメします!

 

まとめ

資格だけとっても経験がないと意味がない、取るだけでいい資格なんてない。などの意見を多く耳にします。確かに本質的にはその通りだと思います、それでも取得すればその分知識は身につきますし、勉強する習慣も身に付きます。

口で否定するのは簡単です、それに上記のようなこと言ってくる人はいったいどれほどすごい資格を持っているのでしょうか。

どんな資格試験でも自分で決断し、勉強を継続する。これが一番重要であり、自己肯定感を高める方法だと思います。

自己肯定感を高めるエナジードリンク的なものとして今回紹介した資格の取得いかがでしょうか。

それではまた。

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
ピロきちをフォローする
なんか、やりたくないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました