営業職は太る?!【僕はこれで+9キロ】

しくじり
Pocket

営業職についてから、まっさきに言われたことがあります。

それは営業やってると太るということです。前の部署の人にも言われ、営業所に配属されてから事務員さんにも言われ、得意先でも言われた記憶があります。

僕の教育係だった先輩も太った人でした。(以前は痩せていたそうです)

そして結論から言うと3年で7~9kgくらい太りました。今回は営業職と肥満について解説していきます。

営業職はなぜ太りやすい?!

1.外食問題2.食事時間問題

3.ストレス問題

4.運動問題

 

それでは解説していきましょう!

 

外食問題

外回りをする関係で、昼食は必ずといっていいほど外食でした。弁当を作ったり、外で食べるにしてもコンビ二などでサラダなどヘルシーなものを選ぶということもできましたが、僕は一年目に関しては毎日ラーメンを食べていました。

学生時代はそこまで好きではなかったラーメンでしたが、営業職になってからはどっぷりとその魅力にはまり毎日ラーメン屋を検索してその日の行動計画を練っていました。

特に好きだったのは家系ラーメンです。次郎系ラーメンも好きでしたが、にんにくあってこそのものなので勤務中はくちびるを噛みしめガマンしていました。

ラーメンは糖質+脂質+塩分の最強のコンボがそろっています、僕の好みは麺固め、味濃いめ、半ライス、玉ねぎ変更です。

もちろんこんな食事では血糖値が急上昇し、食後急激に眠くなります。

昼のラーメンと食後の昼寝で1セットこれを一年間かかさずに続けました。

 

食事時間問題

ランチの時点で相当問題ありですが、夕飯は夕飯で問題でした。

営業職になってから帰宅時間がかなり遅くなったので、夕飯はたいてい21時以降でした。21時以降だからといって量を抑えるわけでもなく、好きなだけ食べて寝ていたのです。

ひどい時には外回りから帰ったあとに、今日は残業をがんばると意気込みコンビニやファストフードで腹ごしらえしてから仕事してました。深夜まで残業してから、牛丼もよく食べていた記憶があります。

ストレス問題

前述の2つ問題に大きく関わるのがストレスです。営業職になってから楽しみといえば食事だけでした。売り上げはなかなか上がらず、労働時間だけが増えていく状態で昼食と帰宅後の晩酌を楽しみに生きていました。こんなに頑張っているのだから食べるものだけは妥協しないようにしようとさえ思っていました。

それまでの人生で太ったことがなかったのも要因の一つだと思います。

運動問題

いくら食べてもその分動けば、カロリーは消費され脂肪として蓄積されにくいでしょう。

ですが、圧倒的に運動量が足りませんでした。

外回りといくと動いているような雰囲気が出ていますが、地方ですので移動は100%車です。

通勤も車ですので、歩くことはほとんどないです。1日の総歩数も多くて2,000程度だったと思います。営業職に配属されたてのころは、市のトレーニング施設を利用して運動をしていましたが残業の日々で通い続けることはなかったです。

本当にあのころは運動する習慣がありませんでした。

まとめ

好きなものを好きなだけたべて手に入れたのは脂肪だけではありません。

ラーメンについてはとても詳しくなりました、ラーメン以外にも様々な飲食店を開拓したことにより先輩からランチ情報についてだけは評価されていたのです。

せっかくお金と時間を使うのだから同じ物はなるべく食べないようにと、違うメニューを頼み続けた成果でもあります。

美味しいお店を知っているというのはそれだけで価値があります。ストレス解消のためではなく知っている美味しいお店を増やす、純粋に美味しいものを食すという視点から健康的に外食を選択することはよいことだと思います。

そして、営業職はその機会に恵まれている職種でもあります。

次回は痩せた方法について解説しようと思います。

それではまた。

 

 

 

しくじり 営業
スポンサーリンク
ピロきちをフォローする
なんか、やりたくないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました