ストレス解消といえば岩盤浴

未分類
Pocket

今日は唐突に岩盤浴について書きます。

ストレス解消といえばずばり岩盤浴!

世間ではサウナブームがきていますが、僕は断然岩盤浴でストレス解消をオススメします。
理由は大きく3つあります。
1.サウナより低温で長時間入っていられる
2.休憩スペースと自由に行き来できることが多い
3.深部を温められる気がする

それでは解説していきましょう!

サウナより低温で長時間入っていられる

岩盤浴は浴室の温度が40℃前後と低温で過ごし易いです。一方サウナは乾式の場合、室温は80〜100℃とかなり高温なことがわかります。僕はサウナに長時間入っていられません、汗をかき始めるまでいるのもつらいです。

また岩盤浴は横になって入れることが多いため、そのまま夢の世界へと旅立つことができます。ラベンダーやペパーミントなどアロマの香りとセットになっているパターンが多いのもポイント高いです。

石にもこだわっていたり、いくつか位違う種類があるとなおよいですね。僕は丸くてやわらかいブラックゲルマという石が好きです。
サウナは自分との闘いのような側面がありますが対して岩盤浴は自分との癒しといえるでしょう。
岩盤浴後でも十分ビールは美味しく飲めますよ。

休憩スペースと自由に行き来できることが多い

岩盤浴は専用の作務衣のようなものを着て入ることが多いです、着衣してるので着替えという行程を挟むことなく、そのまま併設されている休憩スペースで休めます。

これがサウナとの大きな違いだと思います。服を着てサウナには絶対に入りませんからね、自分のペースで休憩しながら岩盤浴で汗を流す。汗を流したら、休憩スペースで漫画を読む。このサイクルで一日過ごせます。同じ料金であればなるべく長時間満喫したいですからね。

サウナより低温とはいってもしっかりと休憩をとり、水分補給は定期的に行ってくださいね、僕は12時間以上岩盤浴施設を利用したことがありますが、休憩はさみつつ水分補給を行っても途中で頭が痛くなりました。疲労は回復している気がしますが、思った以上に体力を使います。

深部を温められる気がする

岩盤浴はうつぶせか仰向けになることが多いため。必然とお腹か背中が岩盤に接触します。

室温が40℃前後になるような岩盤の温度ですので、じっくりと腰や内臓を温めてくれます。体温や内臓の温度が高いというのはそれだけで免疫を高める効果があります。

腰も温めたほうが痛みがやわらいだりします。このあたりもサウナとの大きな違いではないでしょうか?

ということで急に岩盤浴についてかきました。

それではまた

 

未分類
スポンサーリンク
ピロきちをフォローする
なんか、やりたくないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました